「梅の効能研究 骨粗鬆症予防に期待」
2012年2月19日(日)紀伊民報掲載

2月19日発行の紀伊民報に宇都宮先生の記事が掲載されました。

紀州田辺うめ振興協議会は17日、和歌山県田辺市高雄3丁目のJA紀南ふれあいセンターで、梅機能性研究報告会を開いた。県立医科大学の宇都宮洋才准教授は、細胞実験によって梅に骨の形成を担う骨芽細胞を活性化する効果があることが分かったと報告。今後、市民の協力を得て梅を食べることで、どれだけ骨粗鬆症(こつそしょうしょう)予防に効果があるか検証していくという。
同協議会は昨年から、県立医大と協力して生活習慣病に対する梅の機能性の研究に取り組んでおり、報告会には梅農家やJA関係者など約130人が出席した。
宇都宮准教授によると、培養細胞を用いた実験で、梅抽出物を添加したところ、骨芽細胞への分化を促進する効果があることを確認したという。梅のどの成分が関係しているのかは研究中という。
そこで来年度からは、同協議会と協力し、市民らにモニターになってもらい、梅を食べた人と食べていない人を比較することで、実際に生活習慣病である骨粗鬆症予防にどれだけ効果があるかを調べていきたいと説明した。
宇都宮准教授の発表に続いて、同大学整形外科学教室の吉田宗人教授が「骨粗鬆症と腰痛」をテーマに講演。吉田教授は、要介護の原因に骨粗鬆症がある現状を説明し「知らないうちに進むので予防が大切」と強調した。
骨は代謝しており、体を使うことと食事が骨を強くする重要な要素だと指摘。骨粗鬆症にかかりやすい人として、やせている人や運動不足、カルシウム不足の人などを挙げた。骨密度を強くするためには若い時からの「骨の貯金」が重要だとして「栄養をとり、運動で骨に負荷をかけて強くすることを心掛けるように」と呼び掛けた。
【梅の効能が紹介された研究報告会(17日、和歌山県田辺市高雄3丁目で)】

紀伊民報掲載記事

著作権について:
本ホームページに掲載される全ての情報の著作権は、紀州梅効能研究会または、その情報提供者に帰属します。無断転載、再配信等は一切お断りします。
宇都宮先生の挨拶
Profile:
宇都宮 洋才
(うつのみや ひろとし)
医学博士。専門は病理学。言い伝えの域をでなかった梅干しの効能を国内外の共同研究によって医学的に解き明かす。梅干博士として知られ、マスコミや講演でも活躍。現在、和歌山県立医科大学准教授。
うつのみやレディースクリニック
メディア紹介歴
  • 主治医のみつかる診療所/テレビ東京系列 2016/7/4
  • Rの法則/NHK Eテレ2016/5/24
  • あさイチ/NHK総合テレビ 2015/6/29
  • とくダネ!/フジテレビ系列 2012/12/4
  • うまいッ!/NHK総合テレビ 2012/7/15
  • す・またん!/読売テレビ 2011/7/4
  • みのもんたの朝ズバッ!/TBSテレビ 2010/8/19・20
  • あさイチ/NHK総合テレビ 2010/6/2
  • おもいッきりDON!/日本テレビ 2010/1/21
  • カラダのキモチ/TBS 2009/6/21
  • Weekend Japanology/NHK総合テレビ 2006/10/09
  • おもいッきりテレビ/日本テレビ 2006/6/12
  • ためしてガッテン/NHK総合テレビ 2004/6/23
著書紹介
  • 著書「梅干をまいにち食べて健康になる」 梅干をまいにち食べて健康になる
    宇都宮洋才
    キクロス出版/発売:BABジャパン