胃がん予防

梅の胃がん予防効果に関する特許を取得

2009/12発表

梅の中には、胃に障害を及ぼすヘリコバクターピロリ菌の運動能力を阻害または抑制する効果のある物質が含まれていることを見いだし、その物質の構造についても分析することに成功しました。この知見に基づいて、特許を取得することができました。

(特許番号:第4081678号)

ヘリコバクターピロリ菌は、全長約4ミクロンで、右巻に2~3回ねじれた形状をしています。
自ら生成するアンモニア(アルカリ性)で殺菌作用のある胃酸を中和し、胃の粘膜に住みつきます。日本人の半数以上が感染していると言われるほど非常に感染率の高い菌です。
また、複数の鞭毛を持ち、高速に動かす事で高い運動能力を示します。そのため、胃の粘膜を傷つけ、胃炎、胃潰瘍さらには胃癌に関係していることが明らかとなってきました。

ヘリコバクターピロリ菌

このヘリコバクターピロリ菌の働きを抑えるためには、抗菌・殺菌・運動能抑制の3種類の方法が考えられます。
そこで、ヘリコバクターピロリ菌に対する梅の抑制機能を検証したところ、未熟梅の果実を加えることで、ヘリコバクターピロリ菌が丸く変形して動かなくなったり、凝集して働きを失う効果がみられました。
さらに、我々はこのようなヘリコバクターピロリ菌に対する運動能抑制効果を示す有効成分について検討を行いました。

梅により運動能を無くしたヘリコバクターピロリ菌

その結果、その有効成分は抗酸化物質である梅リグナンの一種「シリンガレシノール」という機能成分であるがわかりました。
大粒の梅干1個には、約10ug/mlの「シリンガレシノール」が含まれます。
現在、我々はこの「シリンガレシノール」がより多く含まれる梅製品の開発に取り組んでいます。より美味しく、より体に良い梅を消費者のみなさんに提供できるよう、研究を続けています。

シリンガレシノール

参考:梅に含まれる生理活性物質の単離と化学構造決定

著作権について:
本ホームページに掲載される全ての情報の著作権は、紀州梅効能研究会または、その情報提供者に帰属します。無断転載、再配信等は一切お断りします。
宇都宮先生の挨拶
Profile:
宇都宮 洋才
(うつのみや ひろとし)
医学博士。専門は病理学。言い伝えの域をでなかった梅干しの効能を国内外の共同研究によって医学的に解き明かす。梅干博士として知られ、マスコミや講演でも活躍。現在、和歌山県立医科大学准教授。
うつのみやレディースクリニック
メディア紹介歴
  • 主治医のみつかる診療所/テレビ東京系列 2016/7/4
  • Rの法則/NHK Eテレ2016/5/24
  • あさイチ/NHK総合テレビ 2015/6/29
  • とくダネ!/フジテレビ系列 2012/12/4
  • うまいッ!/NHK総合テレビ 2012/7/15
  • す・またん!/読売テレビ 2011/7/4
  • みのもんたの朝ズバッ!/TBSテレビ 2010/8/19・20
  • あさイチ/NHK総合テレビ 2010/6/2
  • おもいッきりDON!/日本テレビ 2010/1/21
  • カラダのキモチ/TBS 2009/6/21
  • Weekend Japanology/NHK総合テレビ 2006/10/09
  • おもいッきりテレビ/日本テレビ 2006/6/12
  • ためしてガッテン/NHK総合テレビ 2004/6/23
著書紹介
  • 著書「梅干をまいにち食べて健康になる」 梅干をまいにち食べて健康になる
    宇都宮洋才
    キクロス出版/発売:BABジャパン